腰痛に効果的な運動

運動不足は腰痛の原因

人は活動をする上で腰に頼っていて、立っているだけでも腰が主体となって上半身を支えているため、日々の生活だけでも腰の負担は多いです。この腰の負担を支えるために腰回りの筋肉がありますが、この筋肉が衰えるとそれだけ腰への負担は増えてしまいます。

お風呂で動かしてみる

既に重度の腰痛になっている場合などは、運動が難しいということもあるでしょう。そうした場合、改善方法として湯船に浸かりながら無理のないように身体を動かすことが最適です。お湯の浮力と暖かさで筋肉がゆるむため、動かしても痛くない範囲が増えて身体を動かしやすくなります。

腰に効く体操を試す

ある程度身体を動かせるようになったら、併せて体操を行います。かがむと痛い場合にはうつ伏せになって上半身を反らして背中を伸ばし、反らすと痛い場合にはうつ伏せになって両膝を抱え、背中を丸めて前後に動かすことが効果的です。

動けるようになってから腰の筋肉を鍛える

問題なく体操を行えるようになり、歩いても大丈夫になってから腰回りの筋肉を鍛えるようにしましょう。無理に筋トレをしても悪化させてしまうだけですので、痛みを感じずできる範囲からゆっくり始めていくことが大切です。